一定期間更新がないため広告を表示しています

今年もこの季節がやってまいりました。

 

異動して仕事が変わろうと夏休みはかわらず行くよ!とゆーことで、今年はクロアチア7泊10日です。

帰国日が金曜の夕方で、土日がそのまま休みだったので結果13日ぐらい休んだよ(笑)

過去最長の夏休み。

営業でなくなったのでできることのような気もします。

 

去年の日記を見ると、北欧にしよーかな、と言ってますが、去年中欧3か国をあわただしく回ったので今年は一か国をじっくり回ることにしました。

クロアチアにしたのは、魔女の宅急便と紅の豚の舞台とゆードブロブニクに行ってみたかったから。

 

直前にライブのついでに行った京都の平安神宮のおみくじで

 

「旅は控えろ」

 

と出ていたのが気になりつつ行ってきました。

 

 

 

 

 

 

旅のまえに爬虫類ズをホテルにお預けへ。

 

 

しらすはスリングにいれて。

 

ジンジャーはケーキ箱にいれて。

 

きなこは専用リュックにいれられて。

 

3キロのきなこを背負い、500gのしらすを肩からかけて、500gのジンジャーとタッパーいっぱいにつめた野菜と10匹のコオロギをもって電車で1時間。

なかなかのハードワークでしたが、たどり着いたホテルで料金改定があったことを知らされて、びっくり(゚д゚)!

試算してもらったら、今回のクロアチアまでの飛行機と同額なんですが・・・。

でももう今更預けないという選択肢はないので、仕方なく預けました・・。

仕方ないけど、せめて事前に教えてほしかったよ・・。(支払いのときにもとの料金で計算してくれたので実際は安くなりました)

 

 

なんかすでに嫌な予感・・・。(ちらつくおみくじ)

 

 

家に帰って簡単に掃除して、成田到着は20時ぐらい。

今回は事前にオンラインチェックインができたので、荷物預けるだけでよかったので、楽でした。

 

そして、ここでまたあることに気づく。

 

 

あ!!クレジットカード忘れた・・・!!(゚д゚)!

 

いつもはメインのやつとは別ブランドのクレジットカードを予備で持っていくのにすっかり忘れてきました。

で、でもメインはあるし今回プリペイドカードもってきてるから大丈夫だろー。(ちらつくおみくじ)

 

 

ちなみに今年はカタール空港を利用。

 

まずはドーハのハマド空港まで行って、そこからクロアチアの首都ザグレブまで飛びます。

そのあとはクロアチア航空でドブロブニクに移動。

前回カタール使ったトルコ旅行の時の日程とちょっと似てる。

 

成田の最終時間に飛ぶのではやくなるよ、と言われていたらほんとに20分繰り上がった。

 

今年ももちろん機内はドットのおばけで。

今年はなんと靴もドットです!(笑)

でもこのパーカーポケットがめっちゃでかいので、パスポートが入って便利。

 

そして軽くお寿司で腹ごしらえをしてようやく出国。

 

 

機内はおばちゃんたちの団体旅行が何個かあって、結構騒がしい感じ。

機体は結構新しくて、快適でした。エンターテイメントも充実。

もちろんアメニティ(歯ブラシ、アイマスク、靴下)もついてる。

 

乗ってすぐの機内食。洋食と和食と分かれてて、これは洋食。

ドリンクはまたもやハイネケン。飛行機乗るとビールばっか飲んでる。

洋食はメインがチキンと焼きそば?の二種類あって、これはチキン。味はまぁまぁ?

右上にあるクスクスのサラダがおいしかった。

 

 

エンターテイメントが今回あたりで、見ようと思って見損ねたキャプテンアメリカやX-MENのアポカリプスとかが揃ってて、めずかしく映画をよく見た。

機内も快適だったので4,5時間は寝たかなー。

 

到着前の朝食。

これも洋食と和食があって洋食をチョイス。和食はおかゆだったっぽい。

 

 

ドーハには予定よりやや早く到着。

現地時間朝のとかなので、人はあんまりいないけどお店はそれなりに開いている。

 

前回来たときはまだ空港がオープンしたばっかで、わかりやすく色んな所を工事してたのですが(笑)さすがに完成したらしい。

前回よりも色んな所がキレイになってました。

 

 

到着後に次に乗るクロアチア行きの飛行機のゲートを確認。

ハブ空港なので、ほんとに色んな所にいくのがあります。

 

まだ時間も早いので、人もそこまでいなくて椅子も空いてる、仮眠室にも空きはあったけど

今回のトランジットの時間はそこまでないので、うっかり寝てしまっては大変。

 

ちなみにこの時が一番眠かった・・・。

朝の静寂が眠気を誘う・・・(-_-)zzz

 

 

ゲート近くの椅子に座って、ipadでひたすら本を読んで時間をつぶす。

 

ゲートの近くにはモノレールが通ってます。

これ前回来たときなかったなー。

でも何回やってきても誰も乗ってなかったので、まだ試運転中なのかなー。

 

 

これが完成したら端っこのゲートにも簡単に行けるようになるかなー。

しばらくしたら人も増えてきて、ゲート近くの椅子は満席に。

ドーハまでの飛行機同様日本人のおばちゃん達の集団と、アジア系の団体がかなりいた。

最初はチャイナかなと思ってたらどうも韓国だったっぽい。

 

 

そして7:20発のクロアチア行きの飛行機に搭乗。

ドーハは基本的に飛行機まではバスで行きます。

 

 

 

だってめちゃめちゃ広い。

 

 

 

飛行場の果てが見えない。

今回もカタール→カタールなんで、カタールエリアなんでカタールしかいない。

 

バスから降りて歩いて搭乗。

クロアチアのザグレブまではこいつでいきます。

 

 

 

前にのったエミレーツのドバイ→マルタ間や前回の乗ったカタールのドーハ→イスタンブール間は国内線扱いなので、機体もスッチーもわかりやすく質が下がったのですが、今回は機体も新しかったし、スッチーも優しかったよ!!

 

機内食は乗ってすぐ出た。

これがもうなにご飯なのかわからないものの、ただ乗ってるだけですが腹は減る

 

お肉と魚の選択でお肉をチョイス。ドリンクはまたもやハイネケン。

 

朝の8時からハイネケン。

しかもお代わりした。

普段はあんまビール飲まないのに、ほんとに我ながらよく飲む。

 

 

機体が新しかったので、エンターテイメントも充実してて、映画見てたらアッとゆーまでした。

 

ザグレブ到着時間は12時05分。

クロアチアがドーハと1時間時差があるので、実際乗ってるのは6時間。

しかしそれにしばらく気づかず、到着予定時間が近づいても全然降下の気配がなくて、最初遅れてるのかと思ってちょー焦った(笑)

 

 

ザグレブにはほぼ時間通り到着。

ザグレブの空港はそんなに大きくなくて、歩いて建物に入って、入ったらすぐ入国審査でした。

 

入国審査の窓口は3つあるのに、1つしか開いてなくて、しかも最初は自国の人しか通れなくて、立ち尽くす人々。

何が起こっているのかまったくわからないまま、目の前にした英語ペラペラな日本人の後ろをスートーカーのようについていく私。

 

 

君についていけばとりあえず大丈夫なはず・・!!

 

 

私だけなく、その場にいたほとんどの人が戸惑っていたらそうやく人がやってきて、全部の入国審査が開きました。

その後はすいすい進んで、無事に入国できました。

 

心配してたスーツケースもあっさりやってきて、とりあえず入国。

 

ザグレブの空港は福岡空港より小さい(笑)ので、国際線の到着ロビーの隣にチェックインカウンターがありました。

到着ロビーは国内線と分かれてるけど、スタートは一緒。

ちなみに日本みたいに航空会社ごとに分かれてなく、カウンターは1か所にまとまってあって、どの航空会社もそこでチェックインします。

 

 

今回は最初に一気にドブロブニクまで飛んで、そこからザグレブまで戻ってくるプラン。

 

ザグレブにはついたけどすぐにドブロブニクまで飛行機で移動します。

空港から出ることなく、そのまま隣のカウンターで今度はクロアチア航空にチェックイン。

 

クロアチア航空は、クロアチアの国営航空会社。

日本から予約するにはHPから予約するしかなくて、そして日本語ページなどあるはずもなく、想像力を駆使して予約しました。

 

価格帯は日本のLCCとかと似てて、キャンセルの不可避やスーツケースも重さによってプランがいくつかある感じ。

変更できない、荷物も1個だけ、の一番安いプランで6000円切るぐらいでした。

 

一応、予約したページを印刷してきたけど、パスポート出したらすぐチェックインしてくれました。

ボーディングパス。

 

離陸は14:45。

国内線のロビーはそこまで広くなくて、売店もありません。

 

2階はカフェになってて、そこには売店あり。

景色はめっちゃよい。

 

滑走路は国際線と共有なのか、クロアチア航空以外の飛行機もちらほら。

時間はあんまりなかったが、ちょっとそろそろ落ち着きたい。

 

ということでコーヒーを一杯。

空港なので空港価格ですが、あとで知ったがドブロブニクより安かった。

(どんだけ観光地価格)

 

 

ドブロブニクまでは1時間も飛ばない(45分)ので、後もう少し・・とコーヒー飲みながらほっとしてたら、飛行機が全然飛ばない。

 

 

 

ええー・・・(´Д`)

ここにきて、そんな感じ。(ちらくつくおみくじ)

 

 

なんか説明してくれてるけど、マイクも放送も使わず説明しているので、まったく聞こえない。

一応、近くまで寄ってみたけど、聞こえても意味が分からない。

 

 

もっと端的に!わかりやすく!!

 

と思ってたら同じことを思ってた人がいたらしく、さらにそれを伝えたらしく、スタッフの人が

 

「エアプレイン!!

セキュリティエラー!!」

 

と叫んでくれたので状況は理解した。

 

 

しかし、状況は理解したが果たしていつ飛ぶんですか・・あと1時間で目的地なのに(´Д`)

この時点で、日本を発ってから25時間ぐらいたっている・・。

 

結局1時間ぐらい遅れて離陸。

予定では現地到着時間ぐらいにとんだよ。

機内はほぼ満席。

日本人はちらほら乗ってました。

飛行はなんの問題なく、45分で降下。

45分しか乗ってなかったけど、お水はちゃんとサーブされました。

 

ドブロブニクの空港はサグレブよりもさらに小さくて、荷物もさっくり受け取れて、そのままシャトルバスへ。

そこまで飛行機の本数もないのと、中心部までいく手段が車しかないせいか、シャトルバスは飛行機の到着に合わせて出発している模様。

 

シャトルバスのカウンターがあるので、そこでチケットを購入。40kn(クーナ)

大体1クーナが手数料も入れて16〜18円ぐらいレートです。

 

バスは15分ぐらいで出発。

時間的に17時ぐらいだったので、ちょうど日暮れ前の時間帯。

途中からはずっと海沿いの道を走ってて、夕暮れ前の景色がまぶしい・・!

 

バスは40分ぐらい走って、ドブロブニクの旧市街の外に到着。

旧市街に近づくにつれて、人も車も増えてきて、夕方なのにすごい人でした。

 

ドブロブニクの旧市街の中にはホテルが2つぐらいしかなくて、両方とも高級ホテルなので手が出ず・・。

しかし利便性を考えると、城壁の中の旧市街が絶対的に良いので、今回はアパートメントを利用しました。

 

 

なので、会ったこともないオーナーさんと落ち合って、鍵をもらって支払いをせねばなりません・・。

 

 

いちお、事前にグーグル先生に手伝ってもらい、到着時間はメールしておいたんですが、そもそも飛行機遅れたので大幅に遅れている。

 

一抹の不安を抱えつつ、まずは旧市街へ。

バス停に一番近くて一番有名なピレ門。

 

 

入るとすぐ前に一番のメイン通り、プラツァ通り。

端から端まで歩いても10分もかからない。

 

 

泊まるアパートは、このメイン通りからつながる通りにあるはず・・と思いながら周辺まで来たら、なんとオーナーさんが通りの入り口で待っててくれました!!

突然名前を呼ばれたときは(゚д゚)!←こんな顔になったけどな!

 

ちなみに泊まったのは

アパートメント ミラ

ピレ門から歩いてすぐ、プラツァ通りも入ってすぐで立地最高。

昔ながらの石造りの建物の2階だけど、室内は全部現代風にリノベーションされてて過ごしやすかった。

オーナーの女性もめちゃめちゃよい人で、かなりおすすめ。

 

天井も高いし、ベットはダブルサイズ。


キッチンには皿やコップ、鍋やフライパンだけでなくてホットサンドイッチメーカーなども一揃いあった。

コーヒーやジュースなどもついてて、遠慮なくいただいた。

 

水回りもキレイ。ドラム式の洗濯機に洗剤に柔軟剤もあった。

タオルやアメニティ関係もちゃんとあったよ。

 

オーナーさんから鍵を受け取って、出かけるときはそのカギで部屋と建物自体を締めて出かけるので、ほんとに住んでる気分が味わえます。

ここは建物の入り口も占有だったので、セキュリティ的にもかなり安心。

 

クロアチアはホテルよりもこういったアパートメントを借りるのが一般的らしく、ちゃんと国から認められてるところは入り口にこのプレートが飾ってある。(「SOBE」もアパートメントと同意)

ドブロブニクの旧市街はホテルがないってのもあって、めちゃめちゃこのプレートが飾ってある建物が多くて、検索するかなりの数が出てくるし、そのレベルも色々ある。

キッチンが共有だったりするところもあって、レベルに応じてもちろん価格も違う。

 

このアパートは、価格的には中の上か上の下ぐらい?

でもメッチャよかった!

 

価格は3泊で34,000円ぐらい?

 

ドブロブニクは一大観光地なせいか全体的に物価は高めでした。

 

 

 

荷物を置いて、ちょっと休憩したら夕暮れのドブロブニクへ繰り出しました。

街はちょうど夕暮れ、西日がまぶしい時間帯。

 

ちょっと高台から。

 

夕方の旧港。

ナイトクルーズの呼び込みをやってる人たちがいっぱい。

人はまだまだたくさんいます。

 

 

ちょろっとウロウロしたところで、いい加減エネルギーが切れそう(日本出発して30時間ぐらい経過してます)なので、夕ご飯。

 

お店は旧港にある「ロカンダ・ペシュカリヤ」で。

どのガイドブックにも載っているので、有名店らしい。

英語以外にも複数言語のメニューがあって、日本語もあったよ。

 

まずはビール。(まだ飲む)

 

そしてメインのシーフードリゾット。

 

アツアツの鉄鍋に入ってでてきて、めっちゃおいしかった!!

ごはんはややアルデンテ気味ですが、食べてる間にちょうどよくなってきました。

シーフードというだけあって、中には頭がついたままの丸ごとのエビやムール貝、イカなどがイッパイ入ってました。

 

しかし、量も多いので、ひたすら黙々と食べる私。

 

ひたすら一人で黙々と食べてる姿がよっぽどおいしそうだったのか、通りかかったおばあちゃんに「それは何?」と聞かれました。

余計なことは言わずに

 

「シーフード・リゾット」

 

とだけ答えたのに、伝わらなかったらしい。

 

 

ええ・・・!!(゚д゚)!

私そんな難しいこと言ってないよ・・!!

シーフードリゾットすら伝わらない英語力でやっていけるのか!と心配になる私。

そんな心配な私のところに、よっぽど食べたかったらしいおばあさんはメニューをもって確認しにきた。

 

 

あ、ほんとに伝わってない・・!!('Д')

 

シーフードリゾットはおいしかったですが、幸先不安です。

リゾットはほとんど食べつくしました。

 

リゾットとビールで120クーナぐらい。

ちなみにユーロでも払えます。

 

ちかくに小さなスーパーがあったので、そこで明日の朝ごはんと水を買って早めにアパートへ。

ちなみにメイン通り以外の道は皆そこまで広くないのですが、たいてい椅子やテーブルが並んでて、カフェやレストランがオープンしてます。

 

 

アパートの一階がカフェバーだったので、夜は遅くまでうるさいのが玉に瑕ですが、もともとうるさくても寝れる人なので、特に問題なく就寝。

 

明日は、いよいよドブロブニク観光です!!

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL