一定期間更新がないため広告を表示しています

前回の日記でも書きましたが、予想を裏切って本社異動になった飼い主。
もともと、内々示やら内示が遅い我が会社ではありますが、今回は輪をかけて遅かったよ。

内々示→3月下旬
内示→3月下旬

その微妙な日程に意味があるのか!

通常は内示になった時点で人事から連絡が来てお家の選定とかになるのですが、待ってたら間に合わないよ、というアドバイスをもらったので先に動きました。

なので3月下旬に日帰りで家決めて、4月の上旬に引っ越すとゆー強行スケジュール。
もちろん、彼らも帯同しますよ。

我が家の爬虫類三兄弟。

長男 前回も飛行機に乗りました


次男 前回飛行機乗った時は150gでした


三男 すべて初めてです。



引越しは実質1週間で荷造りして、搬出したので、飼い主のライフは最後の方はゼロになりました。
もちろん、並行して引き継ぎして、飲みにも行ったぜ。


しかし、結構めんどくさい案件(飼い主しかわかんなかったり、飼い主しかやってなかったり)が多かったのと、先方の都合もあって、搬出の日も、関東に移動する日も引き継ぎ同行する羽目に(´Д` )


そして荷物を出したあと、搬入できるまで時間があるので、爬虫類ズと一緒にホテルで過ごして、関東に移動せねばなりません。
ここで問題になるのは

*爬虫類ズの一時滞在場所
*関東への移動
*引越し中の対応

?は会社に頼んで搬出からホテルにチェックインするまで会社に置かせてもらいました。
しかし、すげータイミングで会議があって偉い人たちがたくさんいるとゆー(´Д` )

まじかーまじかーまじかー(´Д` )(´Д` )

なので、どさくさに紛れて持ち込んで、衝立の後ろでダンボールに入れて数時間過ごしてもらいました。

そのあとはホテルにこっそりチェックイン。
もう遅いのでホテルでは皆寝てたので特に問題なーし。


?関東への移動
時間的に飛行機しかないんですが、問題はただ一つ。

ペット扱いしてもらえるかどうか。

前回はA社を使って、ペットサービス使えたので、再度問い合わせしたら

「リクガメはA社が認める愛玩動物ではありません」←ほんとにこう言われた



( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)




じゃあなんで前回はオッケーだったんだよ!って話ですが、前回は当時の責任者の一任で大丈夫だったと。


知らんがな!


じゃあどうするの?という飼い主に提案されたのは、貨物として運ぶことでした。

貨物…(´Д` )


貨物だとペットサービスより早く預けないといけないし、何より貨物扱いとゆー言葉に不安。

しかし、背に腹は変えられないので、半分諦めていたところに思い立ってJ社のサービスを見たら、はるかにA社より丁寧。
犬や猫に関しての表記は大差なかったけど、うさぎやげっ歯類に関する表記が丁寧で、それようのクレートも用意されてる様子。

藁にもすがる気持ちで電話したら、あっさりOKでました。

きなこは大きさ的に機内持ち込みはNG。
しらすはトカゲが機内持ち込みNGなので機内持ち込みはできなかったけど、ペットサービスは大丈夫。
ジンジャーはなんと機内持ち込みOK。

ありがとう!ありがと!J社!
すぐに予約してたA社をキャンセルしてJ社で予約し直しました。


スムーズに許可が下りた理由に、A社の時の経験を生かして、サイズとかを明確に伝えたとゆーのも大きいかも。


「小型犬より小さくて、鳴いたりしません。
水もいらないので匂いもありません。」

世間では飼い主が思ってるより、変な誤解を持たれているとゆーのがA社との交渉で理解したので、想像しやすいように簡潔にまとめました。

A社ではミスってしらすにいたっては、まるで怪獣だったよ…。

あと、個人的に嬉しかったのは、J社では問い合わせをしたコールセンターの人がずっと「亀さん」「トカゲさん」って言ってくれてたことです。


そんこんなでなんとか飛行機に乗れました。


ただ、乗る時もカウンターでコールセンターにしたような説明をもう一回して、クレートにきなことしらすを格納。

ちなみに費用はクレート一台で6000円。
今回はきなことしらすはそれぞれ箱に入れた状態でクレートに入れたので、一台ですみました。

貨物だと通常の手続きよりも一時間前に行かねばならないし、場所も違うらしい。
今回利用したサービスだと、預けるのもカウンターで大丈夫だし、ギリギリまでカウンターに置いておいてくれるので、なんとなく安心。
受け取る時も専用にカウンターにスタッフさんが持ってきてくれます。

ちなみに持ち込んだジンジャーは、同じように箱に入れて手荷物検査を通りました。
さすがに赤外線のコンベアーは通らず、手でやる丸いのでチェックされました。

そんな色々を乗り越えて、ようやく関東へ向かいます。



その2へ続く。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL