一定期間更新がないため広告を表示しています

寒行くなりました。
飼い主ですら部屋で寒いなーと思って温度計みたら、17度とかでびっくりだよ!
これは早々にきなこのケージを冬仕様にしなくては、と土曜に決行。

当のきなこはそんな室温でも温まってしまえば、楽しげに部屋を闊歩してんだけど、外がそれてはケージ内もそこまで上がらないだろーと。

まずは部屋のレイアウトを変更。今までストッカーを置いてた階段下を片付けて、そこにきなこケージを移動。

きなこケージを覆うように温室を設置。


大きさは今までお留守番時に動けるようにしてたケージ+αが賄えるぐらいです。
無理やり閉じてるので、完全にチャックを下げることはできないけど、逆に空気の入れ替えができていいかなーと。

飼い主がいる時はこうやって開けてあげれば出入り自由。



予定では温室の天井部分に暖突かパワーサンでもつける予定だったのですが、意外にもケージから漏れ出る熱で温室の中は十分暖かい。

ちゃんと温室時計も買ってきて設置したら、夜でも23〜25度、昼は31度まで上がってた。
そして温室にハンガーで濡れタオルをかけることで湿度も解消。
40〜60%ぐらい。


今年の頭に病院の先生からヒョウモンも何気に湿度が必要だと言われてたのと脱水症状気味なきなこには良い感じではないかなーと。

もっと寒くなったら、ほんとに暖突つけるけど、しばらくはこれでいいかなー。


きなこをお迎えした時、きなこは150グラムしかないお子様でした。

iPhoneImage.png

お迎え時のきなこ。
まだまだ動きものんびりでした。


予定外のタイミングでお迎えしてしまった(ジンジャーで全然懲りてない)のと、そのころ飼い主は異動の内々示が出たあたりで、かつてないほどバタバタしておりまして。

なので緊急対応で、ジンジャーのケージを半分こして過ごしてもらってました。
iPhoneImage.png

せっかくジンジャーのために大きいケージを作ったのに、まったくもって本末転倒な対応。

しかし、これが引っ越しの時や、温度管理などの面で便利だったのと飼い主の生活がなかなか落ち着かなったので、結局今まで半分こしてもらってました。

しかし、さすが大型種のきなこ。
お迎えして半年で体重が倍以上になりまして・・。

甲羅も前は手のひらにすっぽり収まってたのに、最近は余裕で手のひらからあふれてるし。

 

後、実は何気に繊細ボーイなジンジャーのストレスも気になっていたので、飼い主は決意しました。



きなこのケージを作ろう・・・!!



そんなわけで作ることにしました。
これからのシーズンは飼い主的に忙しくなる(物流関係なのです)ので、作るとしたらいまだ・・!!


そんなわけでまずは材料の調達。

今回は車で回ってる時に、時間の合間に寄ってもらえたので、それほど苦労することなく材料ゲット!

ちなみに基本的に数字に弱いので、ケージを作るにあたって書いた設計図はこんなの。
iPhoneImage.png
適 当 す ぎ る ・ ・ ・ ! !

しかもフリーハンド。
さらにこのまま作っても成功してない。
材料を切ってもらう時にお店の人に、これを見せたら
「ここはこうしないとダメですよ」
的なアドバイスをもらったので、その通りに切ってもらった。


そして電動ドライバーは近所のホームセンターでゲット。
ドライバーと穴開けるのぐらいでよかったのですが、なんか90種類ぐらいのしかなくてそれ買ってきた・・・・。


そしてサクサク組み立て!
今回は板が少ないのでラクだわ〜とか思ってたら材料足りんかった。

解放的すぎる仕上がり。


ほんとは前にはちゃんとついてたんですが、背後が予想以上に空いてしまったので、前の分を後ろにまわしたらこーなった。


仕方ないので、またもや営業の合間にホームセンターに寄ってもらい、材料をゲットしてきた。
全面部分と天井部分追加分の材料。


最初の時はけっこう量もあったのと、家に近かったので、一旦家によって材料を置いていけたのですが、今回はそこまでの時間はなかったので、このまま事務所に持って帰りました。

さらにこの日は東京から偉い人がきており、飲み会だったので、この木を抱えて参加しました。

こっそりしてたのですが、まぁ隠せる大きさでもないので、会う人皆に
「何それ・・?!」
ってきかれまくった。そしてそのたびに
「木です」
と答えてました。


そして買ってきた木をガツガツ追加してようやく完成ー。

またもや扉がついてないけども、それは真冬までに考える。
たぶんジンジャーケージ同様、アクリル板で作ると思われ。

完成に合わせてきなこ用の機材も購入してたので、今日はそれをどんどんつけていきました。

蛍光灯は、ジンジャーとおそろいのレプロツインライト(廃盤したのかすげー探した)
天井の板部分にネジをつけて、それに取付用の棒を乗せてます。ジンジャーケージと基本的な仕様は一緒。



今回は、通気性を考えて真ん中部分は網にしてるのですがその部分に暖突Mサイズ。

これは、もともとジンジャーケージにつけてた暖突ですが、ジンジャーにはロングサイズを買ってあげたので、チェンジです。

これは正面から。

今は前扉がないので、厚めのカーテンはカフェカーテンなので、取り外し可能。

左右も大きく空いてるので、保温球(エミートの40w)とメタハラを左右につけてます。
左右と天井は今の季節保温シートで覆った状態で、マックス34度、夜間で27度ぐらいになるようです。


ちなみにきなこは穴ほりカメではないので、そこにはシートを引いて、その上にプラスチックの芝生を引いて、その上にペットシーツを引いてます。


広いおうちはいかがですか?

最初はとまどってましたが、ごはんもちゃんといつも通り食べてたんで、大丈夫かなー。


ジンジャーも半年ぶりに広い部屋になりました。


今まで我慢してくれてありがとー。


 

1